テレビ離れ

年明けしてからめっきりテレビを見る事がなくなってしまったので、ちょっと寂しい半面、無くてもどうにかなるものだな~と感じています。

今までも録画でドラマを見るくらいで、ニュースは移動中にネットで見る事が多かったし、やっぱりテレビって無くても大丈夫なものなんだなと思ってしまいます。

20歳で1人暮らしした時は、半年~1年くらいだったかな?

テレビ無い生活をしていた事があります。

当時はお金が無くて買えなかったのもあるし、仕事で家にいる事が少なくて寝る為に帰るくらいの生活だったから結局必要無かったんですよね(>_<)

その後、譲ってもらったものもあまり活用せずに終わってしまったし。

テレビ離れが~と言われる時代だし、視聴率がとれていないと騒がれちゃうけれど、前より少子化が進んでいて見る世代が変わっているのもあると思うし、残業が当たり前、定時で帰るなんて無い環境もあったり、ネットが便利だったりと、やっぱり時代の流れで変わっているんだなと感じますね。

大河ドラマ

毎回見たいなと思いつつも、1年間というロングスパンなのと1回見逃すともうおえなくなる情報量に断念してしまうんですよね~。

堺雅人さん主演の真田丸がスタートしていますね。

大河ドラマといえば、毎回年明けで騒がれる視聴率のことは可哀そうだなと思ってしまいます。

録画組や、BSや再放送組もいるだろうに、一概にリアルタイムの視聴率だけみてもって思ってしまうんですよね。

去年の花燃ゆも言われていたし、結局1年通して1番みた記事は視聴率の話題だった気がします。

今回は初回はともかく2回目は上がって~という話題で明るいけれど、そうなると1年間で息切れのタイミングでまた騒がれて、それが俳優さんが原因だと言わんばかりの記事になって。

花燃ゆは見ていないのですが、井上真央ちゃんが叩かれるような形の記事も目にしたので、それはどうなのかなと思ってしまったのです。

脚本やそもそものあまり有名ではない女性にスポットライトをあげたのも原因と言われてはいますが。

朝ドラも話題になることが多いので見たいと思いつつもなかなかうまくいきませんね。

オトナ女子の10話

ようやくの最終回です!オトナ女子!

ちょっと思ったのと違ったかなと思う部分も多くて、途中でリタイアしちゃいそうだったけれどなんだかんだ女性陣が綺麗だったので見続けた感じかな~。

いや、面白かったんですけどね。

働く女性が主人公でってなると、篠原涼子のラストシンデレラとか綾瀬はるかの今日は会社休みますがここ数年の中でかなり楽しめた作品だったので。

恋愛ドラマの中ではさっぱりな感じというかちょっと身近じゃない感じがしたので。

あるかな~と思っていた小説の為に利用していたくだりがまさかの最終話で!

高山さんが特に素直になりきれないというか、最後まで言葉が足りない人でもどかしかったです(笑)

ただ小説を託した上で、そこから亜紀がどうにか本にするまでという形で再び距離が縮まる様子はなかなか良かったな~!

ミドリと萌子はまとまったというか、はいここまでですと切りあげられちゃった感じもしたので物足りなさが残りました。

主演3人の女性陣以外にも華やかな印象のドラマでファッションや部屋なんかの見どころもあってなかなか面白いドラマでした^^!