水色の長髪の戦士

水色の長髪の戦士。

と書くと、私の同年代ならきっと、
「あの人のことね」とすぐバレてしまいます。

私が高校生のとき、一大ブームが起きた物語です。

私の周囲で、いつでも、
やいのやいのと話題になっていた人です。

でも、ちょっとでも年齢層がずれていれば、
誰のことか、バレないに違いない。

…だめかな。

あんなに目立つ水色の髪の人は、
私はその一人しか、知りませんから。

その後、あれと似たりよったりの人が出たとは、
マンガでも、アニメでも、聞いたことがない。

一人もまったく類似品がいない。という人なのです。

番組が始まる前に、設定書で立ち姿を見て、
やられてしまった。一目ぼれでした。

番組始まってみたら、やってることはああでした。

なんだあいつは。なってない。情けない。
毎週のように、いろいろ言われてました。

実際そうなので、反論できない。
反論する気もありませんでしたが。

どんどん情けない行動になっていく。
どこまで行くんだろう。

最終回では…あのとおり。